岩盤浴の入浴法

岩盤浴とは? 岩盤浴の入浴法 岩盤浴で発汗美容
 

岩盤浴の入浴法

岩盤浴の入浴トータル時間は約60分。
その間で、最大限に鉱石のパワーを取り込む入浴法を紹介します!

 

おすすめ岩盤入浴法

ちいさな木のおすすめは、
岩盤浴に入る時間は、1セットだいたい15分くらいがベストです。

はじめにうつ伏せの状態で約5分入ります。
ここでじっくり内臓を温めることで身体全体が温まりやすくなります◎

そのあと、仰向けに体勢を変えて10分ほど過ごします。

ここまでの流れを終えたら、浴場から出て5分ほど休憩

以上の流れを1セットとして、これを2~3回くり返します。

休憩を挟みながら入るのがポイント☆
発汗力もアップし、水分補給もできることで脱水症状も防ぐことができます          


 

デトックスを高めたい人は

汗をたくさんかく岩盤浴では、もともと水分の摂取は大切なことですが、さらにデトックスの効果をあげるためには、毒素を排泄する尿の分まで、多めの水分を摂るのがおすすめです。

リンパや血液の流れをよくするデトックスマッサージを、岩盤浴のあとに受けると効果がさらにアップします♪

 

冷え性や生理痛の改善には

岩盤浴に通うようになって、生理痛や生理不順などが改善したという声をよく聞きます。
これは、岩盤浴の温熱作用がお腹の奥にあるホルモン分泌器官を温め、女性ホルモンの分泌が調節されるからです。
婦人科系の症状で悩んでいる人は、うつ伏せの姿勢を主にするのがよいでしょう。

冷え性の方も、内臓がよく温まるうつ伏せがおすすめです


 

ストレスの解消には

ストレスを感じている方や眠りが浅い方などは、仰向けの姿勢で、ゆったりと長めの呼吸をしながらの入浴がおすすめです。

脳波がアルファ派になり、自律神経の調節効果が高まります。

アルファ派は、ストレスを解消させたり、集中力を高めたり、心身共にいい影響を与えると言われています。

また、何度入浴しても汗が出にくい人も、仰向けでの入浴がおすすめです。

これは、岩盤と強く接している側の反対側が代償的に汗が出やすくなるという作用があるため、
ぴったりと接しやすい背面を岩盤につけることで、汗のかきが良くなります